FC2ブログ

Gellery@YU TODOROKI

宝塚歌劇団専科・轟悠さんのイラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

「風と共に去りぬ」(日生劇場)

≪2002年の作品≫




轟さんは、何度もバトラーを演じていますが、
これは、日生劇場の「風と共に去りぬ」です。

お髭、似合ってますね(笑)
まるで元から生えているようです。

面長な顔立ちで、鼻筋が通っているからでしょうね、きっと。

「風共」は、私は元々映画のファンで、
しかも初演の月組版(榛名バトラー&順スカ)から観ているので、
かなりこだわりがありますが
日生版・轟バトラーで一番好きな場面はこのアトランタ陥落の場面です。

この場面のバトラーは、日頃のシニカルな顔をかなぐり捨て、
南部人としての誇りに溢れていて、とても素敵でした。

動きのあるイラストはなかなか難しいですが、
これは思ったように描けたので、気に入っています。



関連記事

 「風と共に去りぬ」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。